すでに各所でお知らせしてあります通り、敬愛大学阿部研究室は、ストップイットジャパン株式会社、千葉大学らとともに、いじめ防止教材シリーズ「私たちの選択肢」の開発・普及に取り組んでいます。教材は無償配布されています→ http://stopit.jp/workshop

いじめ防止における脱・傍観者の視点について学ぶ、シリーズ第一弾教材の開発と実践についてまとめた論文がコンピュータ利用教育学会の学会誌『コンピュータ&エデュケーション』Vol.45に掲載されましたのでお知らせいたします。ぜひ、御覧ください。

阿部学・藤川大祐・山本恭輔・谷山大三郎・青山郁子・五十嵐哲也(2018)「脱・傍観者の視点を取りれたいじめ防止授業プログラムの開発―選択と分岐を取り入れた動画教材を用いて―」コンピュータ&エデュケーション、Vol.45、pp.67-72

抄録:本研究では,脱・傍観者の視点を取り入れたいじめ防止授業プログラム「私たちの選択肢」の開発を行った。授業においては,クラスの雰囲気といじめ抑止の関係について学んでもらうことをねらい,選択と分岐という工夫を取り入れた動画教材を活用した。実践結果についての考察から,本授業の有効性が概ね示された。