コンピュータ利用教育学会の会誌『Computer & Education』(Vol.50)の特集「COVID-19パンデミックと遠隔講義 CIEC斯く戦えり」に、次の2本の論文を掲載いただきました。「講義」ということで、大学講義が主たるテーマだったとは思うのですが、2020年度内に小学校にて実施した遠隔授業について執筆いたしました。授業者も担当した前者の実践については、かなり緊張感をもって実施したことを思い出します(うまくいくだろうか、という緊張)。ご覧いただければ幸いです。

阿部学・谷山大三郎(2021)「コロナ禍における「SOSの出し方に関する教育」の試み―マンガ教材と意見分析ツールを活用したオンライン授業―」コンピュータ&エデュケーション、Vol.50、pp.52-55、2021年6月【査読あり】

明石萌子・藤川大祐・阿部学・和田翔太・植木久美(2021)「グローバル企業と連携した異文化間コミュニケーションについて学ぶ出張授業のオンライン化」コンピュータ&エデュケーション、Vol.50、pp.56-59、2021年6月【査読あり】